2006年12月05日

exhibition / ダリ回顧展

061205.jpg

先月、東京の上野で開催されているダリ回顧展へ行ってきた。

非常識とも感じられる彼独自の常識に迷い、悩み、驚いた。
時間が経つにつれ、目の前にあるものの意味を考える前に、
ありのままを受け入れることの心地よさを感じた。

それにしても相変わらずの人、人、人。
ピカソの時もプーシキンの時もそうだった。
東京で美術展をする時はもう少し展示方法を考えた方がいい。

展示数を少なくするとか、展示物同士の間隔を広げるとか、
展示品をもう少し上に設置して、人の頭で見えなくなるのを防ぐとか。

しばらくは上野での美術展を見に行くのは控えることにする。
posted by kazu kito at 00:53| Comment(0) | exhibition