2005年11月13日

Exhibition of Pushkin Museum

ueno001.jpg

上野でプーシキン美術館展を観てきた。
マティス、ルノアール、ピカソ、モネ、マネ、ゴッホ、ゴーギャンなど
有名な人の絵画が50点ほど展示されていた。
話題の美術展、土曜日、東京ということもあり、
入場するのに20分待ち。
ビックリするほどの大勢の人・・。
その人々の頭越しに絵の上半分だけを眺めるという悲惨な結果に・・。

作品自体の価値はもちろん大切だけれど、
観せる環境がもっと重要なのだと感じる。
せっかくのいい絵画を前にして、
じっくり味わって観賞できないというのはなんとも残念。
鑑賞しやすい目線の高さに絵を置くというのも分かるけど、
展示内容や場所を考慮して、あと20センチでも30センチでも
高く設置してくれれば、と思う。

でも、絵は本当に素晴らしい作品ばかりなので、
一見の価値ありです。

ueno002.jpg


<写真> 上野駅と上野公園
posted by kazu kito at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/514371

この記事へのトラックバック